×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぎっくり腰 の 症状

ぎっくり腰の症状には、いろいろとあるのを知っていますか?ぎっくり腰の症状にあわせ治療法を選ぶことにより、適切な治療ができるのです。自分のぎっくり腰の症状を見極めて、それにあった治療法を選びましょう

スポンサード リンク

ぎっくり腰 の 症状

ぎっくり腰の症状には、色々とあります。

ぎっくり腰の症状で一番イメージするのが、

腰がグリッと音がして、動けなくなることです。

これが、普通の人がイメージするぎっくり腰の症状ですが、

それ以外にも、軽度のぎっくり腰であれば、

腰に痛みを感じ、太ももから腰にかけての筋肉が、

緊張する症状が見受けられます。

意外とこの軽度のぎっくり腰の症状になっている人が、

多いと私は見ています。

ぎっくり腰の症状を見ていると、

多くの場合、いきなりぎっくり腰になることは少ないのです。

普段から腰に疲労を溜め込み、

それにつれ、足や腰の筋肉が弱っているときに、

変な状態で物を持ち上げたり、

腰をひねったりすることでぎっくり腰になるのです。

一番このことを理解しやすいのが、

くしゃみをしてぎっくり腰になる人がいるということです。

ぎっくり腰になった人はわかると思うのですが、

思いっきりくしゃみをすると、

体中の筋肉、特に腰の周りの筋肉が緊張し、

痛みを伴うことがあるのです。

それがひどい場合に、ぎっくり腰になるのです。

くしゃみでぎっくり腰?と思われるかもしれませんが、

以外に、大きなくしゃみをしたとたん、

ぎっくり腰で動けなくなる人が多いのです。

このときに、冷静に症状を見ると、

体中、特に腰から足にかけての筋肉が萎縮しており、

腰だけではなく、足の筋肉にも痛みを感じる人も、

少なくないと思うのです。

ぎっくり腰の軽い症状は、十便自覚できるはずですから、

そう感じたら、まずは毎日ストレッチをすることから始めましょう。