×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぎっくり腰 の 治し方

ぎっくり腰の治し方はいろいろとあるのですが、きちっとしたぎっくり腰の治し方を理解しておかないと何度も治療しないといけないことになるのです。正しいぎっくり腰の治し方について考えて見ましょう。

スポンサード リンク

ぎっくり腰 の 治し方

ぎっくり腰の治し方は、色々とありますが、

基本的に、ぎっくり腰は完治しないと思っていたほうがいいのです。

ぎっくり腰は、背骨を痛めたものから、筋肉を傷めたもの、

筋を痛めたものなどいろいろとあり、

それぞれのぎっくり腰の治し方があるのですが、

意外と、これらが複雑に絡まっていることが多く、

ぎっくり腰の治し方といっても、現状よりましになり、

あまり悪化させないことしかありません。

ぎっくり腰の治し方で一番簡単なのは、

注射による痛み止めです。

軽いぎっくり腰であれば、注射により、筋肉の緊張をやわらげ、

ある程度歩けるようにはなるのですが、

これは、根本的治療法ではなく、

ぎっくり腰の治し方というより、単に緊急治療でしかありません。

マッサージや整体、ハリなどで、徐々に筋肉のコリをやわらげ、

動くようになってから、腰や足の筋肉を鍛えることにより、

治していくしかしかたありません。

でも、腰の軟骨が変形し、飛び出してきていたら、

なかなか、ぎっくり腰は、治すことができず、

最悪、手術するしかありません。

最近では、手術も進み、一度きちっと整形手術をすれば、

かなりの割合で痛みを和らげることが出来ますが、

身体の使い方をきちっと覚え、

それに伴い、筋肉も鍛えないと、

また悪化する可能性もあるのです。

これのように考えていくと、最終的なぎっくり腰の治し方は、

ストレッチと筋肉の強化が一番効果があるのかもしれません。

ただし、これは、一朝一夕でできるものでもなく、

毎日続けるという努力が伴うのです。