×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぎっくり腰 の 湿布 とは

ぎっくり腰で湿布を張っている人は多いのと思うのですが、ぎっくり腰のためにどこに湿布を張ったらいいのかりかいしていますか?きちっと湿布を張ることでぎっくり腰の痛みを和らげることが出来るのです。

スポンサード リンク

ぎっくり腰 の 湿布 とは

ぎっくり腰といえば湿布と思いますが、

その湿布はどこに張るのが効果的でしょうか?

ぎっくり腰の定番の湿布の張る場所は、

ちょうどベルトの上、腎臓辺りと思うのです。

次に、湿布を張る場所は、ベルトの位置であり、

最後は、お尻の上辺りだと思うのです。

では、ぎっくり腰の湿布を張る場所がどこがいいかというと、

そのすべてというのが正解だといえるのです。

ぎっくり腰になった人であればわかると思うのですが、

ぎっくり腰の痛みは、足の太もも辺りから、

背中にかけて前面に走っていると思うのです。

そうなれば、湿布も身体の裏側前面に張る必要があり、

体中湿布を張りたいところですが、

やはり、効果があるのは、背中のツボを中心になることが、

一番効果的なのです。

ただ、ぎっくり腰に効くツボといっても、

普通の人はあまりわからないのではないでしょうか?

ツボに関する本をとりあえず一冊読んでみて、

それから湿布を張るのがいいのですが、

本を読んでからなど、湿布を張ってられない。

そんな声も聞こえてきそうです。

そんな人は、とりあえず、背骨の横にあるくぼみではなく、

くぼみの横にある膨らんだところを、

ベルトをするあたりから、肩甲骨に張って見てはどうでしょう。

大雑把のようですが、これが意外と背中のツボを、

すべて含んでいるのです。

もう少し正確なツボを知りたければ、

同じ膨らんだところを親指か人差し指を曲げ、

第二間接で下から上に押してもらうと、

ある部分でぞくっときたり、痛みを感じるところがあるはずです。

そ0こがだいたいツボなのです。

ツボをつかみ性格に湿布をすると、

本当にぎっくり腰がみるみる楽になるのです。