×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぎっくり腰 の 応急処置

ぎっくり腰の応急処置について知っていますか?ぎっくり腰は知っていても、応急処置については知らない人が多いのです。ぎっくり腰の応急処置について考えて見ましょう。

スポンサード リンク

ぎっくり腰 の 応急処置

ぎっくり腰の応急処置は、病院での痛み止めです。

ぎっくり腰になると、痛み止めの注射を腰に打つことで、

救急処置となり、動けるようにはなりますが、

これは、あくまで救急処置であり、痛み止めでは、

本当のぎっくり腰の治療とはならないのです。

とはいえ、痛み止めの注射は、

ぎっくり腰の応急処置としては、一番効果があり、

簡単な方法なのですが、それ以外の応急処置となると、

ストレッチぐらいしかぎっくり腰に効果がありません。

ぎっくり腰になると、程度の差があるので、

それにより、少しづつ対策が変わってくるのですが、

最悪の場合はl、何回も言うように応急処置として、

痛み止めを打つしかありません。

でも、軽度のぎっくり腰では、

とりあえずその場所で大きく呼吸することです。

ぎっくり腰になった瞬間は、息もできません。

それは、緊張で筋肉が萎縮してしまうからなのです。

そこで、うずくまりながらも深呼吸することで、

少しですが、痛みを和らげることが出来るのです。

痛みが和らいできたならば、

足の筋肉を中心に少しずつストレッチなどで、

筋肉を伸ばしてやることでさらにぎっくり腰は良くなります。

ぎっくり腰で、足の筋肉のストレッチと思うかもしれませんが、

ぎっくり腰の痛みは、腰だけではなく太ももなどの筋肉も、

一緒にいためていることが多いのです。

まずは、足の筋肉の緊張をストレッチでとってやり、

その次に、腰のストレッチで腰の筋肉を和らげてやることで、

かなり、ぎっくり腰が良くなるはずです。

でも、無理をせず、応急処置が必要と判断したら、

病院で注射を打ってもらいましょう。